お気楽おやじの駄文集『おやじのつぶやき』はこちらから!

2018年06月25日

ままごとセット

おやじの遊び師匠、木工屋やぶちゃんが久しぶりに遊びに来てくれました。
なんと、初孫ちゃんへのプレゼントをもって!

一つは、ままごとセット。
木のまな板、木の包丁、木のプライパンに木のお茶碗。
きれいな木のケースに納めるようになっています。

もう一つは、積み木。
幼児サイズで、これまた木の香り、肌触りが最高です。
こちらも、木のケースとセットです。

やぶちゃん曰く、「すぐに傷がついて、色が変わって、壊れてしまうかもしれないけれど、木はそれがいいんだよ!」
もちろん、大納得です。
さっそく、初孫ちゃんに送ってやりましょう。

ジジが少し遊んでからね。


DSC_9767aA.jpg



DSC_9773aA.jpg



DSC_9783A.jpg



DSC_9781A.jpg



posted by Oyaji at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月19日

大阪北部地震

朝仕事終了前の午前7時58分ごろ、グラッときました。
直ぐにテレビをつけて確認。「6弱」を見て「あ〜ぁ」です。
間違いなく被害が発生する震度です。

阪神淡路大震災の記憶が思い浮かびました。
被害の状況は、しばらく時間が経たないと見えてきません。
友人が無事だったことは確認したものの、結局、何も手がつかず一日が終わりました。

登校中の幼い命が奪われました。
登校する子どもたちを見守る活動をされていた方も亡くなられました。
自然災害といえども・・・やっぱりさみしいですね。


IMG_3406.JPG




posted by Oyaji at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月11日

続々・貝殻節のこと

貝殻節の起源が知りたくて、あれこれ調べてみました。
幼い頃より、貝殻節は賀露が発祥だと聞いていましたが、青谷が発祥だという記録もありました。
有名な浜村温泉の貝殻節は、お座敷小唄としてアレンジされたものでしたし、現在賀露でよく唄われている貝殻節は、浜沢長三郎さんによるアレンジのようです。

歌詞は、各地で、また時代とともにかなり変化しているようです。
たぶん、鳥取県東部の漁村のあちこちで唄われていたのでしょう。
結局、起源は謎のままでした。

話は変わりますが、先日、朝顔の種を植えようと、実家から古い植木鉢をいくつかいただきました。
その植木鉢の底を見て、びっくり。イタヤ貝のフタが出てきました。
植木鉢の底穴をふさぐために使っていたものです。

子どもの頃、実家の前を流れる川の畔には、この貝殻がびっしりと積み重ねて捨てられていました。
ものすごい数の貝殻を見ながら、貝殻節はこの地の唄に間違いないと信じていたのです。
河川が改修され、貝殻はまったく見なくなりました。

残された貝殻を見ながら、遠い昔の賀露の貝殻節に想いを馳せてしまいました。


DSC_9649A.jpg



貝殻節.png


posted by Oyaji at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月10日

ぼけ封じ

ぼけ封じのお守りを頂きました。
なぜか、うれしいです。

これまでお守りなどいただいても、特段、感激はありませんでした。
私の生き方は、基本的に他力本願。
厄除け、交通安全、学業成就などもすべて他力本願。
ということは、身近にいる人や身の回りのものすべてがお守りのようなものですので、改めてお守りを持っても仕方がない、です。

ところが年をとって気づいたのは、私にとって死より怖いのが「ぼけ」でしょう、と。
ぼけてしまえば幸せだというお話は聞きましたが、どうも納得できません。

そこへ「ぼけ封じ」のお守りをいただいたわけですので、他力本願の念押しみたいなものです。
説明書きには「五色厄除房とあわせてあなたをおまもりくださいます」とあります。
五色厄除房って、地蔵さんの頭の上にあるリボンみたいなやつでしょうか?
よくわかりませんが、さあ、守ってもらいましょう!!


IMG_3351A.jpg



posted by Oyaji at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | じじいのつぶやき

2018年06月07日

お尻イチゴ

プランターのイチゴが、次から次へと実をつけてくれます。
しかも、かなり大きな実です。
ようやく念願のストロベリーフィールドの出来上がり!!

見事なハート形の実も出来ました。
ハート型ですから愛情たくさんです。
でも家族は、皆、お尻型と言ってゆずりません。

まあ、私だけハート形だと思っています。
で、結論は、たいへんまずい!!
このハート形イチゴだけではなく、どのイチゴも、たいへんまずい!!

酸っぱくて、イチゴの香りもせず、中には空洞があったりと。
思いますに、やはり農家の技術はすごいですなぁ・・・とほほ



IMG_3202A.jpg



posted by Oyaji at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お庭の日記

2018年06月03日

ロックばあちゃん

楽器が弾ける人は、うらやましいです。

私も昔は、髪を肩まで伸ばして、ベルボトムのジーンズをはいて、フォークギターを持って騒音を発していた時期がありました。
今はもう、ギターコードはすっかり忘れ、指も動かなくなりました。
娘の旦那さんと一緒に酒を飲みながら、旦那さんのギターに合わせて昔の歌を口ずさむのが楽しみです。

アコヤ楽器店音楽教室の発表会に行ってきました。
子どもから大人まで、ギター、バイオリン、ドラム、歌、の練習成果を発表されました。
上手い下手はあるでしょうが、そういうのはまったく関係なく、楽しみながらの&緊張しながらの演奏はどれもすばらしいものでした。

練習発表会が特段好きだというわけではありません。
私の姉が音楽教室の生徒ですので、「練習成果を見に来い!」というご指示に従ったまでです。(チケットもプレゼントしていただきましたし・・・)

姉の出番の前に、知り合いのKさん(なんと約30年ぶりの再会)が出演されました。
これが、すごかった!! 音楽教室の生徒さんというよりは「ほぼプロでしょう」のテクニックです。
その後の演奏ですから、これは・・・と。

曲はボンジョビの「夜明けのランナウェイ」。
それで、え〜っと、何と言いましょうか、おどろきました。
とても六十云歳で、孫3人を抱えるおばあちゃんではありません。

私がじじいを決め込んでいる間に、すごいロックンローラーばばあになっていました。
次は、ほぼプロでしょうのKさんとセッションをするとか。
身内のことで恐縮ですが、「とんでもないばばあが近くにいたものだ」と思った次第であります。

私も、また、フォークギターなどやってみましょうかねぇ。
(目の前には、娘の旦那さんが弦を張り替えてくれたギターもありますし)



Runaway.jpg



posted by Oyaji at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記