お気楽おやじの駄文集『おやじのつぶやき』はこちらから!

2018年10月16日

夏の後始末

ぐっと涼しくなったというのに、庭には、まだ夏が残っています。
先日、ようやくトマトを片付けました。もちろん実はなっていません。
ナスとピーマンも残っています。小さな実が残っていましたので、そのままに。

問題は、あさがおです。
庭のあちこちに種をばら撒いたものですから、あちこちに枯れ枝がひっかかっています。
重い腰をあげて、まずはヒイラギモクセイに被さっているアサガオの除去にとりかかりました。

ヒイラギモクセイは、良い香りのする小さな白い花をつけます。
明らかに栄養不足の葉っぱの隙間に見つけました。
香りを楽しもうと思ったら、なんか、くさい・・・

まあ、愛煙家でもあり、臭覚も衰えているから仕方がないと思いました。
でも、くさい。よく見ると、あさがおに紛れて名前も知らないツルが大繁殖。
こいつの臭いでした。

さっそくツルの大掃除にとりかかりました。
ゴミ袋一杯に集め、さて、改めてヒイラギモクセイの香りを楽しもうとしましたが、
無理でした。今度は昼酒が過ぎて・・・


IMG_4355a.jpg



posted by Oyaji at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月08日

トマトトマト

今年の敬老会は、歌とウクレレ演奏のプレゼントがありました。
「トマトトマト」というユニットです。
区長作成の敬老会プログラムには「ウクレレと歌 みよちゃん」とありましたので、おじいちゃん、おばあちゃんは、皆、牧伸二風の漫談だと思ったようです。

さっそくやっちゃってくれました。
お茶を飲むのもあなたとふたり〜 映画見るのもあなたとふたり〜 お食事するのもあなたとふたり〜 お勘定払うのあんただけ〜 あ〜ぁやんなっちゃったあ〜ぁおどろいた!!

拍手大喝采です。
お二人のお名前は、みよちゃんといずみちゃん。
私は敬老会の司会をさせていただいたのですが、お二人のことはまったく聞かされていませんでした。
でも、いずみちゃんのことは知っていました。
劇団アルティスタで活躍されていた方です。
久しぶりの再会にびっくりでした。

もちろん、その後はお二人のすばらしい歌と演奏がたっぷり。
当然、おじいちゃん、おばあちゃんは大満足。
アンコールにも応えてくれて、最後は皆で一緒に恒例の貝殻節です。
少し痴呆がすすんでいるおばあちゃんは、「すごく楽しかった〜」と何度もつぶやいていました。

みよちゃん、いずみちゃん、ありがとうございました。


トマトトマト.jpg



posted by Oyaji at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月07日

35年ぶり

東京で、学生時代の友人と再会しました。
私の学生時代は、たいへん充実していました。
すべて彼らのおかげです。ようやくお会いすることができました。
なんと35年ぶりとのこと。びっくりです。

いちばん年をとっているはずのAさんが、いちばん若そうでした。大嫉妬です。
部活動に、音楽に、学問に、すべてが凄かったOさんのパワーは健在でした。大敬服です。
「おまえと一緒にするな〜」といつも言い合っていたTさんが、遠くから駆けつけてくれました。大感激です。
体の調子を崩されたと聞いて心配していたスポーツマンMさんは、もう心配無用とのこと。大安心です。
いつも先輩の後をくっついていた後輩Aちゃんは、(やや歳を重ねた)すてきなお母さんでした。大大懐古です。

おいしいお酒と、とても楽しい時間をたっぷりといただきました。
ほんとうに、ありがとうございました。


35年ぶり.png



ところで、千葉の砂浜で遊んだ時の写真で盛り上がりました。
皆、自分がどこにいるのか迷っていました。
「このマストに上っているバカ、誰だ?」
「さぁ〜??」
結局、誰だったかのよく覚えていないというのが結論でした。
家に帰って、写真をじっくりとチェックしました。
あ、このバカ、オレだった・・・


IMG_20180929_0008.jpg





posted by Oyaji at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

変なホテル

久しぶりに、東京へ行きました。
学生時代の友人に会うため、一泊しました。
宿泊先のホテルは、変なホテル。

何が変かというと、「世界初の、ロボットが働くホテル」。
変なところを知りたくて、ついでに予定していたチェックイン時間が遅くなることを伝えたくて、はやい時間におじゃましました。

いきなりロボットさんが迎えてくれました。
まったく言葉が通じない外国の方と初めて向き合った時のような感じです。
もちろんボディランゲージも伝わる様子はありません。


IMG_4317A.jpg



案内看板をきちんと読んで、順番に手続きをすればよろしいのでしょうが、やはり機械は苦手です。
でもうれしいことに、直ぐに人間スタッフさんの姿を発見。
結局ロボットスタッフさんとのコミュニケーションは不要となりました。

レストランでも親切な人間スタッフさんのお世話になりました。
おやじは、ロボットさんとのお付き合いに慣れるには、それなりの時間が必要なようです。
結局、何が変だったかというと、近未来時代を楽しむ準備ができないおやじが、いちばん変だったような。



変なおやじ.jpg




posted by Oyaji at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記