お気楽おやじの駄文集『おやじのつぶやき』はこちらから!

2018年09月08日

鳥取縣震災小誌

9月6日午前3時8分、北海道で震度7の地震が発生しました。
今朝の新聞では死者18名、心肺停止2人、安否不明19人。
土砂崩れの山の写真を見て、本当の光景なのかと疑ってしまいました。

6日は朝早くから資料探しをして、その後世間と隔絶した部屋で作業をしていました。
地震があったことを知ったのは夕方のTVニュース。
驚いている私を見た家族が、「知らなかったのか」と驚いていました。

地震の驚きに加えて、もう一つ嘘みたいな驚きがありました。
6日の朝、本箱をひっくり返していたところ、一冊のボロボロの本を見つけました。
「鳥取縣震災小誌」という本です。
机の上に置いたまま出掛け、家に帰ってからゆっくり読もうと思っていました。
「つくり話だろう」と言われれば、「そうだね」と言うしかないような話です。

今朝、少しめくってみました。
鳥取大震災は戦時下の昭和18年9月10日午後5時36分に発生。
死者1210人、負傷者3860人、全壊した建物1万3295戸、半壊1万4110戸。

「第三、被害の状況
震禍の日、九月十日! あの恐ろしい地震が発生する瞬前まで、それが刻々とわれわれの前に迫りつつあったとは、誰が知ろう。その日十日もはや夕刻に迫り、平和な各家庭に於いては楽しい夕食の支度に忙しく、官庁や、会社等に於いても残暑の名残りまだ消えやらぬ暑苦しい一日の勤めを終えて、やっと解放された気持ちで帰途につきつつあった。その午後五時三十六分五十七秒、突忽として大地も崩るるかと思う烈しい地震が襲来した。道を歩いていた者は瞬間に地上に投げ出されている自分を見出した。立ち上がろうとしても立てないのである。そこかしこの家々から起こる悲痛な叫喚の声に続いて、パラパラと身を以て逃れ出る人々、斯くてこの瞬間に家々は、建物は、目の前に凄まじい土煙を立てて崩れていったのである。
(中略)
この震禍によって、亡くなられた幾多の生命のあることを思えばその損害たるや単に物的のもののみに止まらず、数的には計上することの出来ない深刻な精神的な被害のあったことも十分銘記すべきものと謂うべきであろう。以下被害状況の概要について記述することとしよう。」

今テレビで、北海道地震の様子を次々と報道しています。
この本の記録と重なり、何とも言えない暗い一日となりそうです。


鳥取県震災小誌a.png



posted by Oyaji at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184365838

この記事へのトラックバック