お気楽おやじの駄文集『おやじのつぶやき』はこちらから!

2018年12月04日

ドル札のこと(ハワイ見聞録)

旅行会社から「ドルに両替をする時は、1ドル札をたくさん持っていた方がいいよ」とお聞きしました。
理由は、もちろんチップです。
ちなみにホテルのベッドメイキングは、3ドルでした。

チップなのに相場が決まっているのは、不思議な慣習ですね。
「気持ちだけ相場」は日本的なのでしょうか。
ホテル従業員さんの給料額はチップ収入前提に決められているとも聞きましたが、本当なら、やっぱりヘンですね。

さて、ハワイに着くと、さっそくスーパーで両替した新しいドル札を使いました。
店員さんの見慣れない動作が気になりました。
新品のドル札をクシャクシャと手で揉んでシワをつけたのです。

どこのスーパーでも、決まってクシャクシャでした。
偽札かどうか確認しているのでしょうか?
ピン札だから重なっているお札がないかチェックしているのでしょうか?

となると、チップの1ドル札もクシャクシャにしてお渡しした方がよかったのかも。
ベットメイクをしてくれるホテルの従業員さんに尋ねようと思いましたが、思い立ってからなかなか会うことが出来ません。
その内すっかり忘れ、結局、理由を確かめることはできませんでした。

はてさて??


ドル札A.png


posted by Oyaji at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | HAWAII

2018年12月02日

結婚式のこと(ハワイ見聞録)

ハワイといえば、新婚旅行のメッカです。
街中のあちこちでハートマークが飛び交っていました。
気になったのが、ホテルの前で待つリムジンカーの多いこと。
どうやらハワイは結婚式のメッカでもあるようです。


IMG_4461a.jpg



確かに新婚旅行も兼ね、大勢の参列者に気配りをする必要もなく、トータル経費もお安くできそうです。
そういうわけで、おやじの娘もハワイで結婚式を挙げました。
結婚式ビジネスはさすがです。式はもちろん、記念写真やら、式の後の会食やら、至れり尽くせりのセレモニーでした。


結婚式1a.jpg



おやじが忙しかったのは式に着るアロハシャツを選ぶことと、式の中での数分間のお役目のみ。
後はゆっくりとセレモニー時間を楽しむことができました。
神父さんも、厳粛に、そして楽しく二人の誓約の仲人をしていただき、とても大満足でした。


結婚式2a.jpg



そんな中、ふと、疑問に思いました。
近年参列させていただいた結婚式は、ほんとうに様々な形のセレモニーとなっています。
時代が変われば、結婚式の形式も変わっていくことは当然でしょう。
ただ、もしかしたら結婚式自体の意義も変わってしまったのかもしれない、と思ったわけです。

まあ、くどくどとつぶやけば、口うるさいじじいの説教になってしまいます。
そんな深刻に考える話でもなく、時代の変化についていけないじじいの戸惑いということで、一昨日の新聞につぶやいてみました。


おやじのつぶやき 結婚式考



posted by Oyaji at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | HAWAII

2018年11月29日

自転車のこと(ハワイ見聞録)

ハワイの朝は、たいへん気持ちのよい朝でした。
日本の朝もそれなりに気持ちがよいのですけれど、南国の景色が朝に一段と似合うからかもしれません。
慣れれば、たぶん同じなのでしょうけど?

家族連れの散歩に混じって、ぶらぶらと歩いてみました。
ワイキキの浜辺には、日の出を待つ観光客がたくさんいました。
皆、カメラを構えています。新婚さんと思われるカップルは、カメラよりも今の時間ですな。


DSC_0760a.jpg



DSC_0731a.jpg



浜辺の近くにレンタル自転車の駐輪場がありました。
気持ちの良い朝に、市内を自転車で走るのは、絶対楽しいと思います。
問題は、交通ルールをまったく勉強していなかったということです。

車が右側通行だということは知っています。でも、それだけです。
オートバイに乗る若者がヘルメットをつけずに走っているところ見ましたので、さほど厳しい交通ルールではないかなとも思いました。でも、知らないことほど怖いものはありません。

少し躊躇しながらシェアサービスの駐輪場へ行ってみました。
すると数人の外人さん観光客が、駐輪場の前で議論されていました。
どうやら現金が使えないようです。キャッシュレス化も進んでいるのでしょうね。


DSC_0798a.jpg



DSC_0569a.jpg



旅を楽しむためには、やはり事前の勉強が大切ですね。
でも、知らなかったから驚くこともあります。
街中のあちこちに、たいへんユニークなデザインの駐輪場があります。
自転車の形をしたオブジェ?にチェーン鍵でくくりつけて使うようです。このアイデアには驚きました。
日本でもこういうのがあれば、また違った自転車ライフが楽しめるかもしれません。


DSC_0797a.jpg



DSC_0792a.jpg



posted by Oyaji at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | HAWAII

2018年11月27日

たばこと物価のこと(ハワイ見聞録)

6年前、娘どもに誘われてシンガポールに行きました。
旅行は嫌いではありません。でも苦手です。海外旅行は特にです。
理由は、
言語が危うい。おやじは日本語さえ満足に話すことはできません。
行動が苦しい。「並ぶ」ということが大嫌いです。入出国審査はもちろん、トイレもレストランもです。
そして、たばこが自由に吸えない。これが最も辛いです。
そろそろやめようと思ってはいますが、その気になるまでは、周りから制限されたくありません。

しかし、やむを得ない事情というのもあります。
先日、ハワイに行ってきました。
さっそく、たばこの苦行が続きました。

空港を出て、真っ先に入ったのがセブンイレブン。
日本で少し買っておけばよかったのですが、吸貯めもあって、手持ちがなくなっていました。
買ったのはマルボロ。Man Always Remember Love Because Of Romance Only の頭文字をとってMarlboroだとか。いい名前です。

注文をしておもわず??? そしてすぐさま大反省です。
9.75ドル+消費税5%で、1,000円以上するではないですか!
旅行に際してわが身の基本的な生活に関することは、その地の事情をきちんと勉強しておくことが大切です。


マルボロ.jpg



ハワイはたいへん物価が高いそうです。
箸なんか、数本入りで3ドル以上です。
カップラーメンなんか、10ドルの桁を見たとたん目を背けました。

もちろんホテルの中は全面禁煙。外のわずかの空間だけ喫煙が許されています。
中国人のタクシードライバーさんと一緒のぷかぷか時間を、とほほ気分で過ごしました。
別に1,000円のたばこが悔しいわけではありません。
綺麗な景色と夕日を楽しみながら、すこしは海外事情を勉強すればよかったなぁ、と。
予想どおり、勉強不足はたばこの件に限っただけではありません・・・でした。


DSC_0583a.jpg



posted by Oyaji at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | HAWAII

2018年11月03日

東郷池のしじみ

年をとって横着になったこともあり、食べ物へのこだわりがなくなりました。
おいしいもの、好きな食べ物を問われても、思いつきません。
思いつかないから、外食など面倒なだけです。

別の言い方をすれば、つまり、何を食べてもおいしくいただくことができるわけです。
昔は食べることがなかった甘いお菓子だってOKになりました。
老人には渋茶と饅頭!というのも十分に理解できる年頃です。

話が変わりますが、先日、東郷池のしじみを頂きました。
しじみを見たとたん、食べ物にはこだわらないという体質に変化が起きました。
背中がぞくぞくっとして、これは食べたい、絶対直ぐに食べたい・・・と。

しじみのおいしさは、どこかの有名ブランドしじみでもインスタントカップ汁しじみでも同じだ思っています。
しかし、この東郷池のしじみだけは別格です。
(たぶん冷静になって食べれば、同じなのでしょうが・・・)

東郷池は、私の大好きな池です。
この池には、かつて池中に浮かんでいた温泉地「龍湯島」の影、この地に住んでいた芸者「葉玉」の美しい声と三味線の音、大隈重信や小泉八雲、志賀直哉など湯治に訪れた多くの著名人の姿が浮かんでいます。

更に、私は、かつてこの池の畔には古代都市が栄えていて、それは邪馬台国の属国であったと信じています。
大国主の命の娘シタテルヒメも、絶対この地に住んでいたと信じています。
東郷池で採れるしじみは、古代から多くの人に愛され、シタテルヒメもきっと大好きだったに違いありません。

そんな東郷池のしじみですから、もう大感激で、お味噌汁でおいしくいただきました。
食べ物の本当のおいしさというのは、まぁ味は当然として、食べる環境とかも影響するのは当然として、何よりも食材への想いが一番ではないかと。
だからじじいになって、色々な想いが薄れるに従って、食べ物にもこだわらなくなったのかな、
東郷池のしじみは、勝手な想いからとてもおいしいと感じるのかな、などと考えてしまいました。

結局、食べ物にこだわらなくなったことが言いたいのか、東郷池のすばらしさを言いたいのかよくわからなくなりましたが、そんな私を、しじみの殻が「ば〜か」と言いたそうに見ていました。
ついでですが、そのしじみの殻が、ジブリのまっくろくろすけにも見えたました。


しじみ.jpg



posted by Oyaji at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月30日

竹やぶのエイリアン

気持ちのいい秋空が広がっています。
ボケ〜ッと眺めていたところ、竹やぶと空との境に怪しい影を見つけました。
リプリーがエイリアンに遭遇した時のように体が固まってしまいました。


竹やぶエイリアン1a.jpg



家の裏にある崖には竹がたくさん生えています。
今シーズンの大雪、夏の猛暑で、ひどい竹やぶになっています。
おそるおそる竹やぶの中に入ると、折れて倒れている茶色の竹の塊が、落ち葉以上に積もっている枯れ笹が、それを覆う雑草が・・・

その陰にエイリアンが、いや、榎が見えました。
この木はあっという間に大きくなり、そのままにしておくと手が付けられなくなります。
2年ほど前、大木になった榎を、木工師匠やぶちゃんにバッサリと切ってもらいました。

その切株からニョキニョキと足が出ています。
青空に向かって見事に伸びている太い幹もあります。
どうやら、エイリアン榎が復活したようです。


竹やぶエイリアン4a.jpg



子どもの頃は竹と榎の実で、榎の実鉄砲をつくって遊びました。
私の地域ではエノキの実をイノミと言い、エノミテッポウをイノミテッポウと言います。
楽しかった思い出の材料も、この年になると邪魔です。

さっそく、エイリアン退治をしました。計3日も費やしてしまいました。
風に揺れる笹音や鳥が飛び立つ音が、エイリアンの泣き声のように聞こえました。
足腰がガタガタになり、おやじの泣き声のようにも聞こえました。



posted by Oyaji at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お庭の日記

2018年10月26日

モンゴルからのメッセージ

ずいぶん前のことです。
かた〜い仕事を辞めてブラブラしている時、「きっとこのままずっと、他人様のお役に立つことはしないだろうな」と思っていました。
(今もブラブラしていますが・・・)

ある日、国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパンが、子どもたちのためにスポンサーを募集していることを知りました。
たばこをやめれば少しくらいなら寄付ができるかなと思い、スポンサーになりました。
(結局、たばこはやめていませんが・・・)

私は、モンゴルの子どもさんのスポンサーになりました。
子どもさんは、一生懸命書いた絵を送ってくれました。
その絵を見ると、気持ちがとても和やかになります。
(結局、お礼の手紙は出していませんが・・・)

先日、ワールド・ビジョン・ジャパンから子どもさんの成長報告が届きました。
子どもさんが一番好きなところは学校で、その理由は先生がとても上手に勉強を教えてくれるから。
子どもさんの夢は、おまわりさんになって町を守ることだそうです。
(私は、学校はあまり好きではありませんでしたし、警察になりたいなどと考えたことはありませんでしたが・・・)

そして昨日、ワールド・ビジョン・ジャパンからビデオメッセージが届きました。
大きくなった子どもさんからのメッセージです。
きりっとしたイケメンくんです。
とってもとってもうれしいので、ブログに掲載して、メッセージをみなさんにも聞いてもらいましょう。
(私はモンゴル語がわかりませんので、どのようなお話なのか???ですが・・・)



※ ビデオの掲載については、ワールド・ビジョン・ジャパンからOKが出ています。



posted by Oyaji at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月22日

愛車

長年乗っている愛車バモスが、壊れてしまいました。
交通事故ではありません。老化のようです。
重い荷物を載せて、山の中や砂浜をがんがん走ってくれました。
とても愛着があります。

「まだ乗っているの?」という声を無視し、
「もうそろそろ買換えた方が」という声を聞き流し、
修理を重ねながら、なんとか乗り続けてきたのに・・・

走行中に調子が悪くなり、急きょ宅急便屋さんの駐車場を拝借。
「困った時はお互いさまだから」とやさしい言葉に感謝!
知り合いの修理屋さんに連絡をとったところ、
「丁度こどもが生まれたところ。でも何とかする」とのお話に感謝だけで足りません。

今日、愛車の診断結果がでるようですが、
もう、他人様にご迷惑をかけたくないですから、
ここらでお別れなのでしょうね、とほほ・・


バモス.png



posted by Oyaji at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月18日

全国おやじサミットin東広島

先週の土曜日、東広島で第16回全国おやじサミットが開催されました。
残念ながら、今年も参加することができませんでした。
広島は、おやじサミットの思い出がたくさんです。
無理をしてでも・・と思っていたのですが、結局、また見送りとなりました。

さみしくフェイスブックを覗いていたら、福岡の宮脇さんが活動紹介をされている写真を見つけました。
2003年の香川大会から今大会までの開催状況もご報告されているようです。
写真の中に、ほぼ忘れつつある鳥取大会の時につくったTシャツが写っていました。


東広島5.jpg



「語れ!おやじの熱い想いを」
これは、うれしいですね。あおちゃんデザインの大好きなTシャツです。
宮脇さん、ありがとうございました。


東広島1.jpg



わが家のどこかに、まだ1枚眠っているはずです。
探しましたが、どこにあるやら・・・
とっとりおやじ連の仲間と「また、つくろうね」とお話したことがあるのですが、
いったい、いつになるやら・・・やらやらです。

まあ、つくった気になって、次回大会を楽しみに待つことにしましょう。


Tシャツじじい_a.png



posted by Oyaji at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月17日

夏の後始末・追記

ヒイラギモクセイの香りを邪魔していたクサいツルの名前を教えていただきました。
「ヘクソカズラ」だそうです。漢字で書くと「屁糞葛」。
なんとまあ、すごい名前がつけられたものです。
万葉の時代からある名前だそうですが、モノ言わぬ植物にこんな名前をつけなくてもよいものを・・・

そういえば小学生と野草観察に行ったとき、イヌノフグリという植物を知りました。
女性の先生が、とても説明しにくそうに、でもよくわかる説明をされて感心したことがあります。
こちらは、植物学者が付けた名前だそうです。
人間であれば、いじめとかセクハラ、パワハラなのでしょうが、植物の世界はおおらかですね。

感心することもあります。
ヘクソカズラは、サオトメバナ(早乙女花)という別名も持っているそうです。
ちなみにイヌノフグリは、テンニンカラクサ(天人唐草)というイキな別名があるそうです。
あげたりさげたり、ほめたりけなしたり。でも、それはそれで楽しいですね。

さて、件のヘクソカズラですが、白とピンクの綺麗な花をつけるようです。
(そういえば、そんな花があったような・・・)
実は保湿剤になって、手にすり込めばよろしいとか。
(ドライフラワーにしても、かわいいとか・・・)

バッサリ捨ててしまったことを悔やんでいると、「どこにでもあるぞ!」との追加教示。
あれ? もしかしたら? 隣の家の山のような雑草は?
やっぱり、バッサリで良かったとしましょう。

 
IMG_4363Aa.jpg



posted by Oyaji at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お庭の日記