お気楽おやじの駄文集『おやじのつぶやき』はこちらから!

2018年10月16日

夏の後始末

ぐっと涼しくなったというのに、庭には、まだ夏が残っています。
先日、ようやくトマトを片付けました。もちろん実はなっていません。
ナスとピーマンも残っています。小さな実が残っていましたので、そのままに。

問題は、あさがおです。
庭のあちこちに種をばら撒いたものですから、あちこちに枯れ枝がひっかかっています。
重い腰をあげて、まずはヒイラギモクセイに被さっているアサガオの除去にとりかかりました。

ヒイラギモクセイは、良い香りのする小さな白い花をつけます。
明らかに栄養不足の葉っぱの隙間に見つけました。
香りを楽しもうと思ったら、なんか、くさい・・・

まあ、愛煙家でもあり、臭覚も衰えているから仕方がないと思いました。
でも、くさい。よく見ると、あさがおに紛れて名前も知らないツルが大繁殖。
こいつの臭いでした。

さっそくツルの大掃除にとりかかりました。
ゴミ袋一杯に集め、さて、改めてヒイラギモクセイの香りを楽しもうとしましたが、
無理でした。今度は昼酒が過ぎて・・・


IMG_4355a.jpg



posted by Oyaji at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お庭の日記

2018年10月08日

トマトトマト

今年の敬老会は、歌とウクレレ演奏のプレゼントがありました。
「トマトトマト」というユニットです。
区長作成の敬老会プログラムには「ウクレレと歌 みよちゃん」とありましたので、おじいちゃん、おばあちゃんは、皆、牧伸二風の漫談だと思ったようです。

さっそくやっちゃってくれました。
お茶を飲むのもあなたとふたり〜 映画見るのもあなたとふたり〜 お食事するのもあなたとふたり〜 お勘定払うのあんただけ〜 あ〜ぁやんなっちゃったあ〜ぁおどろいた!!

拍手大喝采です。
お二人のお名前は、みよちゃんといずみちゃん。
私は敬老会の司会をさせていただいたのですが、お二人のことはまったく聞かされていませんでした。
でも、いずみちゃんのことは知っていました。
劇団アルティスタで活躍されていた方です。
久しぶりの再会にびっくりでした。

もちろん、その後はお二人のすばらしい歌と演奏がたっぷり。
当然、おじいちゃん、おばあちゃんは大満足。
アンコールにも応えてくれて、最後は皆で一緒に恒例の貝殻節です。
少し痴呆がすすんでいるおばあちゃんは、「すごく楽しかった〜」と何度もつぶやいていました。

みよちゃん、いずみちゃん、ありがとうございました。


トマトトマト.jpg



posted by Oyaji at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月07日

35年ぶり

東京で、学生時代の友人と再会しました。
私の学生時代は、たいへん充実していました。
すべて彼らのおかげです。ようやくお会いすることができました。
なんと35年ぶりとのこと。びっくりです。

いちばん年をとっているはずのAさんが、いちばん若そうでした。大嫉妬です。
部活動に、音楽に、学問に、すべてが凄かったOさんのパワーは健在でした。大敬服です。
「おまえと一緒にするな〜」といつも言い合っていたTさんが、遠くから駆けつけてくれました。大感激です。
体の調子を崩されたと聞いて心配していたスポーツマンMさんは、もう心配無用とのこと。大安心です。
いつも先輩の後をくっついていた後輩Aちゃんは、(やや歳を重ねた)すてきなお母さんでした。大大懐古です。

おいしいお酒と、とても楽しい時間をたっぷりといただきました。
ほんとうに、ありがとうございました。


35年ぶり.png



ところで、千葉の砂浜で遊んだ時の写真で盛り上がりました。
皆、自分がどこにいるのか迷っていました。
「このマストに上っているバカ、誰だ?」
「さぁ〜??」
結局、誰だったかのよく覚えていないというのが結論でした。
家に帰って、写真をじっくりとチェックしました。
あ、このバカ、オレだった・・・


IMG_20180929_0008.jpg





posted by Oyaji at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

変なホテル

久しぶりに、東京へ行きました。
学生時代の友人に会うため、一泊しました。
宿泊先のホテルは、変なホテル。

何が変かというと、「世界初の、ロボットが働くホテル」。
変なところを知りたくて、ついでに予定していたチェックイン時間が遅くなることを伝えたくて、はやい時間におじゃましました。

いきなりロボットさんが迎えてくれました。
まったく言葉が通じない外国の方と初めて向き合った時のような感じです。
もちろんボディランゲージも伝わる様子はありません。


IMG_4317A.jpg



案内看板をきちんと読んで、順番に手続きをすればよろしいのでしょうが、やはり機械は苦手です。
でもうれしいことに、直ぐに人間スタッフさんの姿を発見。
結局ロボットスタッフさんとのコミュニケーションは不要となりました。

レストランでも親切な人間スタッフさんのお世話になりました。
おやじは、ロボットさんとのお付き合いに慣れるには、それなりの時間が必要なようです。
結局、何が変だったかというと、近未来時代を楽しむ準備ができないおやじが、いちばん変だったような。



変なおやじ.jpg




posted by Oyaji at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月24日

句集 春の雪

句集をいただきました。
著者さんの俳人15年間の「とりあえず集大成版」かな。

私は、俳句にはまったく疎い人間です。
まず、漢字が読めない・・・さらに、歳時記を知らない・・・
でも、一句一句、じっくりと勉強しながら味わいたいと思います。
まあ、プレバト夏井いつき先生のファンでもありますから。

この句集名「春の雪」は、著者さんの夫さんの命日に詠んだ句から採ったそうです。

 命日の約束のごと春の雪

亡くなられた夫さんは私も大好きで、すごくやさしい人でした。
だから著者さんの春の雪をテーマにした句は、悲しかったり、楽しかったり。
句集には載っていない句も好きです。

 春雪に轍を残し逝かれけり

 これ以上丸まれぬ猫春の雪

本当は出版大大記念パーティーを開きたいのですが、夫さんの好きだった日本酒をちびちびやりながら楽しむことにしましよう。



春の雪A.png



posted by Oyaji at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

草ぼうぼう

秋彼岸になり、涼しい空気をたっぷりといただきました。
律儀な彼岸花が「秋になったぞ」と教えてくれています。
猛暑のダメージが残っている体を休めるには、ありがたい3連休でした。

しかし、ゆっくりと秋を楽しむには、あまりにもひどい庭の光景。
草ぼうぼうで、蚊がわんわんで、何とも言えない荒れようです。
このまま朽ち果てようかとも思いましたが、重い腰をあげて掃除をすることにしました。

草ぼうぼうの中に、イチゴの苗が生えていました。
眼を離した隙に(ずっと離していましたが)プランタから伸びた新芽が根付いたようです。
草刈りには邪魔なポジションです。

でも投げっぱなしにしていた私が悪いわけですから、周りの雑草を手で慎重に取り除きました。
しっかりと根がついています。
新しいストロベリーフィールズになれば、また庭掃除をする気になるかなぁ・・・


草ぼうぼう.png



posted by Oyaji at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お庭の日記

2018年09月16日

中部こども科学まつり2018

昨日、こどもたちに科学の楽しさ面白さを体験していただく「(鳥取県)中部こども科学まつり2018」が開催されました。
会場は、鳥取短期大学。
自動車でなければなかなか足を運ぶ気にならない場所ですので、少し心配しながらの会場準備でした。

ところが、そんな心配はまったく関係なし。
とにかく、ものすごい数の人が集まってくれました。
会場の教室は決して狭くはありませんでしたが、人・人・人でぎっしりです。

お父さんお母さんとこどもたち、学校の先生、高校の生徒さんたちの熱気は、危ないかな・・・と思うくらい。
教室の入口でボケ〜っと立ったまま中を見ていた私に、小さなこどもちゃんが声をかけてくれました。

こどもちゃん 「これ、おもしろいよ!」 
おやじ 「へ〜え、そうなんだ。どうやって遊ぶの?」

少しびっくりしたようなこどもちゃんは「ふふふ」と笑って、直ぐにバイバイ!!
きっとお父さんと間違えたのでしょうね。

こども科学教室は、今年、21年目を迎えました。
裏方仕事ばかりの私は、こどもたちと科学遊びをする時間がありません。
今の私の願いは、このイベントに来てくれたこどもが、次はスタッフとして参加してくれて、その次は自分のこどもを連れて参加してくれること。

受付をしてくれていた二人の女子高校生に、「君たちは小さい頃、この科学教室に来てくれたことがありますか?」と尋ねました。
「ありません。初めてですっ!!」

まだまだですね。


中部2018.png



posted by Oyaji at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学の心は?

2018年09月13日

弁慶丸のメルマガ

私の友人の漁師「弁慶丸」さんは、16年ほど前に脱サラをして漁師なった不思議な人です。
出身は大阪。私たち地元の人間としては大歓迎なのですが、よく奥さんが許したものだ・・・と頭が下がるばかりです。

漁師見習い中は船酔いに悩まされたというエピソードもあり、彼に付いたあだ名は「脱サラ船酔い漁師」。
ところが「本職の漁師でも船酔いをすることがある!」など、彼が教えてくれる漁師の表と裏の話は、腹を抱えて笑えるものばかり。

ですので、彼が配信している「弁慶丸メルマガ」を、いつも楽しみにしています。
先日配信されたメルマガにたいへん面白いお話がありましたので、紹介します。

<ここから>

先日、毎日放送さんのスタジオ収録に参加させて頂きました。
明石家テレビの「実際どうなん!?漁師10人」という企画です。

(中略)

僕達が舞台裏で登場のスタンバイをして、はや20分が経過。
噂どおりに、お笑い怪獣さんまさんのフリートークが終わりません。
しびれを切らした寛平さんと村上ショージさんが、「にぃ〜さん、漁師の皆さん、待ってはんねん、はよ呼んであげて」と、ひと笑いのあと、ようやく登場。

事前の長いアンケート調査に基づき、トークするお題が3問に設定されていました。
弁慶丸は3問目のお題をメインに話をする予定で、アナウンサーさんからの振りのセリフも決まっていました。

しかし、お笑い怪獣さんまさんの話が何度も脱線して、話が前に進みません。
このペースでいけば、1時間番組を収録するのに5時間ぐらい収録するんじゃないだろうか? と不安になりかけた瞬間、

「じゃあ〜また来週〜」
っていきなり舞台裏にさんまさんが走って消えて行きました。

 w(☆o◎)w ガーン

<ここまで>

帰りの車の中で、奥さんからさんざんダメ出しをもらったそうです。
「俺は漁師で芸人ではない」という主張も奥さんには通じず、次回のチャンスを狙って、フリートークの練習をさせられたとか。
相変わらず、夫婦漫才生活を送っておられるようです。

いつの日かきっと、お笑い漁師芸人になる日がくるでしょう。
その時を、楽しみに待っています。

弁慶丸ホームページ 脱サラ船酔い漁師/河西信明奮闘記



弁慶丸.jpg



posted by Oyaji at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月12日

ぶどう

秋になりました。
この時期、あちこちからぶどうをいただきます。
みな、とても美味しいぶどうです。

わが家のぶどうの木にも、たくさんの実がなりました。
昨年2月の大雪でぺしゃんこに潰れてしまった木は、見事に復活しています。
更に、今年のぶどうは、とても甘いです。

家族に、大盤振る舞いをしました。
「甘いね」とほめてくれましたが、一粒食べた後は、もう手がでません。
お皿に盛られたぶどうは、結局萎びて、ゴミ箱行きとなりました。

タネありぶどうの悲しい運命です。
来シーズンは、種なしぶどうにしましょう・・・
でも、ジベレリン処理って、ほんとにめんどくさいですわ、トホホ



ぶどう.png



posted by Oyaji at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お庭の日記

2018年09月08日

鳥取縣震災小誌

9月6日午前3時8分、北海道で震度7の地震が発生しました。
今朝の新聞では死者18名、心肺停止2人、安否不明19人。
土砂崩れの山の写真を見て、本当の光景なのかと疑ってしまいました。

6日は朝早くから資料探しをして、その後世間と隔絶した部屋で作業をしていました。
地震があったことを知ったのは夕方のTVニュース。
驚いている私を見た家族が、「知らなかったのか」と驚いていました。

地震の驚きに加えて、もう一つ嘘みたいな驚きがありました。
6日の朝、本箱をひっくり返していたところ、一冊のボロボロの本を見つけました。
「鳥取縣震災小誌」という本です。
机の上に置いたまま出掛け、家に帰ってからゆっくり読もうと思っていました。
「つくり話だろう」と言われれば、「そうだね」と言うしかないような話です。

今朝、少しめくってみました。
鳥取大震災は戦時下の昭和18年9月10日午後5時36分に発生。
死者1210人、負傷者3860人、全壊した建物1万3295戸、半壊1万4110戸。

「第三、被害の状況
震禍の日、九月十日! あの恐ろしい地震が発生する瞬前まで、それが刻々とわれわれの前に迫りつつあったとは、誰が知ろう。その日十日もはや夕刻に迫り、平和な各家庭に於いては楽しい夕食の支度に忙しく、官庁や、会社等に於いても残暑の名残りまだ消えやらぬ暑苦しい一日の勤めを終えて、やっと解放された気持ちで帰途につきつつあった。その午後五時三十六分五十七秒、突忽として大地も崩るるかと思う烈しい地震が襲来した。道を歩いていた者は瞬間に地上に投げ出されている自分を見出した。立ち上がろうとしても立てないのである。そこかしこの家々から起こる悲痛な叫喚の声に続いて、パラパラと身を以て逃れ出る人々、斯くてこの瞬間に家々は、建物は、目の前に凄まじい土煙を立てて崩れていったのである。
(中略)
この震禍によって、亡くなられた幾多の生命のあることを思えばその損害たるや単に物的のもののみに止まらず、数的には計上することの出来ない深刻な精神的な被害のあったことも十分銘記すべきものと謂うべきであろう。以下被害状況の概要について記述することとしよう。」

今テレビで、北海道地震の様子を次々と報道しています。
この本の記録と重なり、何とも言えない暗い一日となりそうです。


鳥取県震災小誌a.png



posted by Oyaji at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記